職場いじめの主な種類・内容

口を利いてくれない、無視、陰口などの仕事に直接的には影響がないものと、仕事上、大切な情報を教えてくれない、些細なミスを執拗なまでに責め立てる、悪いうわさを流されるなど、仕事に影響が出るものとに分かれるます。ご自身が置かれている状況がどこなのかをまずはしっかりと把握することから始めましょう。

職場いじめの原因として考えられるもの

仕事が出来るがゆえの嫉妬、仕事が出来ない、礼儀がなっていない、勤務態度などがパッと思いつく職場いじめの原因として考えられますが、まず最初に意識してほしいのは原因が自分にあるのかないのかです。

 

原因が自分にあり、自分が悪いということがハッキリしている場合には、まず自分の良くない点を改善するのが先決です。(もちろん、あなた自身に悪い点があったとしても職場いじめが許されるわけではありませんが・・・)自分自身の悪い点を改善した上で職場いじめがストップしないようでしたら、信頼できる人への相談、カウンセラーへの相談、転職なども視野に入れる必要も出てきます。

 

反対に、自分自身に原因が無い場合には、仕事を辞めたくなるのも無理はありませんから、スグに誰かに相談するなりの手段を検討することが多いようです。ただし、職場いじめをやめさせることと引き換えに、部署移動や減給などの影響が出てしまう場合もあります。本来そのようなことはあってはならないのですが、あるのが現実でありどちらを取るかという苦渋の決断を強いられる場合もあります。最終的には自分で公開の無い判断が出来るように勇気を持って行動するしかありません。

 

職場いじめの種類や原因別の対処法

仕事に影響があるいじめの場合は、信頼できる先輩や上司に相談、仕事に関係が無い場合は、直接言うなり無視するなりの対処は必要になるのですが、先述の通り、部署移動や玄以休などの嫌がらせに発展したり職場いじめがエスカレートしてしまうリスクも孕んでいます。

 

善悪で言えば、基本的にはいじめる側が悪です。どんな理由があろうとも職場いじめ把握ですし、肯定されるべきものではありません。しかし、社会は善悪だけでは動いていません。悪いことを悪いということで状況が悪化してしまい自分が苦しんでしまうこともありますので、現状を善悪で判断して行動を起こすのではなく、その行動を起こした結果自分自身がどう変化していくのか、自分にどのような影響があるのかに支店を置いて次の決断、行動を決める必要があります。